この記事では、ゲームマーケット2015春に販売する予定の新作、
「きょうあくなまもの」について紹介します。

banner


このゲームの特徴

「きょうあくなまもの」は16枚のカードを使った2人用カードゲームです。
プレイヤーは魔術師となって、手札のカードを駆使して戦い、
先に相手のライフを0にしたプレイヤーが勝者となります。

○ ターン進行

ゲームは各プレイヤーが交互にターンを行うことで進行していきます。
ターンでは以下の①~③を行います。

① カードを1枚引く。

② 手札のカードを2枚までプレイするか、パスしてもいい。

③ ターン終了を宣言し、手札が5枚以下になるまで捨てる。


○ 2種類のカード

「きょうあくなまもの」では、3枚のモンスターカードと13枚の呪文カードの計16枚を使用します。
各カードは、効果のみが書かれたシンプルな構成になっています。

プレイされたカードは「カウンター(後述)」されなかった場合、効果を発動します。

モンスターカード

モンスターカードは発動すると、
「場」に出て、「場」に出ている限り効果を持続します。

呪文カード

呪文カードは発動すると、
ただちにそのカードの効果を適用し、捨て札にします。


○ カウンターチップ

カウンターチップ

このゲームには「カウンターチップ」という独特なルールがあります。

ターンプレイヤーがカードをプレイした際、対戦相手は「カウンターチップ」を
1つ消費することで、そのカードを「カウンター」し、無効化することが出来ます。

「カウンター」された場合、ターンプレイヤーは「カウンターチップ」を2つ消費することで、
「カウンター返し」を行うことが出来ます。
「カウンター返し」をすると、カードは無効化されず、発動します。

「カウンターチップ」は最初2つ持った状態からスタートします。
 
この「カウンターチップ」をどこで使っていくかは、ゲームをプレイするうえでの
悩みどころになると思います。


こんな人におすすめ

16枚のカードと少しのチップで、プレイ時間も10分と手軽に遊べます。

手軽に遊べるゲームですが、カードの使い方やカウンターチップを使うタイミングなど、考えどころや悩みどころが多くなっており、何度も違う展開で遊べます。

また、ライフはたったの4しかなく、1撃で相手を倒すことのできるモンスターもいるため、勝つか負けるか常にぎりぎりの戦いを楽しめます。
 
そのため、以下のような方におすすめです。
  • 手軽に思考性の高いゲームをプレイしたい方
  • ドキドキするバトルをしたい方
  • カードコンボが好きな方
  • 一発逆転したい方
 
内容物

カード 16枚
 モンスターカード 3枚
 呪文カード 13枚

チップ 14枚
 ライフチップ 8枚
 カウンターチップ 6枚

サマリー&カード一覧 2枚

説明書 1枚


価格

イベント特価:1000円(予定)


以下で説明書を公開しています!


以下では簡単にゲーム内容やルールがわかる紹介漫画を公開しています!