Studio GG

ここは同人ボードゲーム製作サークル『Studio GG』のウェブサイトです。
オリジナルボードゲームの紹介を行っています。

開拓王 The King of Frontier
きょうあくなまもの

『開拓王 The King of Frontier』のQ&Aページです。

ルールに関する質問はこのページのコメントにお願いします。

コメントは適宜、Q&Aとして記載させていただきますので、よろしくお願いいたします。 


Q:アクションは常に4つの中から選択できる? 他のプレイヤーが選んだアクションが選択できないなどの縛りはない?

 A:アクションの選択に縛りはありません。極端に言えば、すべてのプレイヤーが最初から最後まで「開拓」を選択することもできます。

Q:タイルは既に置いてあるタイルにつながるように置く必要がある?

 
A: その必要はありません。タイルはボード上のどこにでもおけます。ただし、既に置いてあるタイルと隣接するように置く場合は、エリアがつながるように置く必要があります。

Q:手番の「開拓」時、引いた2枚のタイル、両方とも配置できる?


 A:手番の「開拓」では、引いた2枚のタイルの両方を配置することも、片方だけ配置することも、両方とも捨てることもできます。 

Q:「開拓」で捨てたタイルは表向き?裏向き?

 A: 裏向きに捨てます。また、捨てたタイルはプレイヤー毎に分けて置き(捨てたプレイヤーのボードの脇あたりに置くと良いです)、自分が捨てたタイルのみいつでも確認することが可能です。

Q:都市では何が生産される?

 A:都市では資源を生産することはできません。 

Q:「建築」時、建物タイルを獲得したけど配置しないで捨てることが出来る?

 A:できません。「建築」では、建物タイルを配置するか、パスするかしかできません。建物タイルが捨てられることはありません。

Q:「消費」した麦のコマはどこへ行く? 都市の消費マスに置く?

 A:ストックに戻します。都市の消費マスは数を参照するのみで、何かが置かれることはありません。

Q:手番の「消費」時のボーナス+1VPは麦1つにつき? それとも何個消費しても+1VP?

 A:何個消費しても+1VPです。

Q:手番でないプレイヤーは「消費」時、消費しないこと選べる?

 A:完成した都市が存在する限り、それを一つ選び、その消費マスの数だけ麦を消費しなければいけません(消費しないことは選べません)。ただし、小さい都市を選ぶことで麦の消費量を抑えることはできます。

Q:「搬入路」の「この都市に建設時、コストが石1つ少なくなる」は手番の「建築」時のボーナスと重複する?

 A:重複します。例えば、「英雄像」が石2つで建てられます。

Q:「大聖堂」の「エリア内消費マス数×2VP」は得点計算時の生産・消費マス数×1VPと重複する?

 A:重複します。大聖堂の「エリア内消費マス数×2VP」は建物の勝利点として得られますので、得点計算時の生産・消費マス数×1VPとは別に計上します。



11月4日に開催されるゲームマーケット2013秋にて、当サークル『Studio GG』は、タイル配置&資源生産ゲーム『開拓王 The King of Frontier』を頒布する予定です。

 koukoku


今回は最後の紹介として、『開拓王 The King of Frontier』の全コンポーネントの紹介を行います。
以下の第1回から第3回の記事ではそれぞれ、ゲームの概要と特徴となるメカニクス、手番のアクション、主要なコンポーネントであるタイルについて紹介しました。合わせて読んでいただければ幸いです。




タイル配置&資源生産ゲーム『開拓王 The King of Frontier』の紹介 第4回

component

『開拓王 The King of Frontier』には以下のコンポーネントが含まれています。

  • 開拓タイル 88枚
  • 建物タイル 16枚
  • 資源コマ 60個(各色20個)
  • 勝利点チップ 24枚(1VP:20枚、5VP:4枚)
  • チャック袋 2袋
  • 個人ボード(紙) 4枚
  • スコアシート 1冊
  • 説明書 1冊
  • タイルリスト 1枚

開拓タイル 88枚・建物タイル 16枚

『開拓王 The King of Frontier』の主要なコンポーネントです。
第3回の記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

資源コマ 60個(各色20個)

木、石、麦などの資源を表す四角い木製のキューブ駒です。
緑、灰、黄の3色が各20個ずつ入っています。

資源コマ


勝利点チップ 24枚(1VP:20枚、5VP:4枚)

消費で得ることのできる勝利点チップです。
1VPを表すチップが20枚と、5VPを表すチップが4枚入っています。
チップはコストの関係上、萬印堂様の『豪華数字チップ25mm』を使用させていただいております。
勝利点チップ


チャック袋 2枚

資源コマ、勝利点チップ用にそれぞれチャック袋が入っています。


個人ボード(紙) 4枚

タイルを配置する個人ボードです。
コストの関係上、紙のシートとなっております。
4枚入っていますが、劣化してしまった場合など、
必要に応じて以下からダウンロードして印刷してください。
(インクの節約のための白黒版もあります)
個人ボード


スコアシート 1冊

最終的な得点の計算のためにスコアシートが入っています。
得点のメモにご利用ください。
足りなくなった場合は以下からダウンロードできます。
スコアシート


説明書 1冊

『開拓王 The King of Frontier』のルールの説明書です。
以下のリンクからダウンロードできます。

タイルリスト 1枚
 
『開拓王 The King of Frontier』で使用する、すべてのタイルのリストおよび解説が書かれたリストです。
ゲーム中に参考にしてください。



今回は『開拓王 The King of Frontier』の全コンポーネントの紹介をさせていただきました。

『開拓王 The King of Frontier』は11月4日に開催されるゲームマーケット2013秋にて頒布予定です。

卓番号は235です。
当日はイベントスペースにて試遊卓を設ける予定ですので、お気軽にお越しください。

マップ

これまで、4回に分けて『開拓王 The King of Frontier』の紹介を行ってきましたが、今回が最後となります。
今までお付き合いいただき、ありがとうございました。

それでは、ゲームマーケットでお会いできることを楽しみにしております。

by Shun







11月4日に開催されるゲームマーケット2013秋にて、当サークル『Studio GG』は、タイル配置&資源生産ゲーム『開拓王 The King of Frontier』を頒布する予定です。

koukoku

この記事は第3回の紹介として、『開拓王 The King of Frontier』で主要なコンポーネントであるタイルについて説明していきます。
以下の第1回の紹介記事では、このゲームの概要と、その主要なメカニクスである『タイル配置』と『ヴァリアブル・フェイズ』について、第2回の紹介記事では、『手番のアクション』について紹介しました。あわせて読んでいただければ幸いです。





タイル配置&資源生産ゲーム『開拓王 The King of Frontier』の紹介 第3回

board

『開拓王 The King of Frontier』では『開拓タイル』と『建物タイル』という2種類のタイルを個人ボード上に配置して自分の領土を作っていきます。
『開拓タイル』『建物タイル』それぞれについて以下で紹介していきます。

開拓タイル

開拓タイルは、『開拓』アクションにて山札から獲得するタイルです。全部で88枚のタイルがあります。
開拓タイルには『都市』、『森』、『岩場』、『麦畑』、『草原』の5種類のエリアが描かれています。これらのエリアは必ずつながるように配置しなければなりません。
また、『森』『岩場』『麦畑』のエリアを完成させると『生産』アクションにより資源を生産することが出来るようになり、『都市』のエリアを完成させると『消費』アクションにより『麦』を勝利点に変えることが出来るようになります。

開拓タイル

また、開拓タイルの中には『レアタイル』と呼ばれる1枚ずつしか入っていない特殊な8種類のタイルがあります。これらのタイルは、ゲームに多様性と楽しさをもたらしてくれます。

レアタイル


建物タイル

建物タイルは、『建築』アクションによって獲得するタイルです。16種類の建物タイルが各1枚ずつ存在します。
これらは全てオープンな状態で置いてあり、『建築』アクションをしたプレイヤーから時計回りに早いもの順で獲得していきます。
建物タイルの左上には建築に必要なコストが記されています。右上の数字は建物の勝利点で、ゲーム終了時に建物が立っているエリアが完成している場合、その勝利点が得られます。また、建物の下にテキストで建物が持つ効果が記されています。

建築タイル

今回は建物タイルの中からいくつか紹介させていただきたいと思います。

倉庫
倉庫
『倉庫』は木2つで建てられる建物です。
草原に立っている建物なので、配置するだけで右上の勝利点(1VP)を得ることが出来ます。
それに加え、『倉庫』は特殊効果として、『資源を4つまで保管できる』という効果があります。
通常、資源は生産したエリアから動かすことが出来ないので、大量の資源を生産するにはたくさんの生産エリアが必要になります。しかし、『倉庫』に資源をためることで、十分なエリアを完成させずともコストの高い建物を建てたりすることが出来ます。


城門
城門
『城門』は石3つで建てられる建物です。
都市に立っている建物なので、ゲーム終了時にこの都市が完成していれば右上の勝利点(2VP)を得ることが出来ます。
『城門』は上で紹介した『倉庫』とは違い、特殊効果を持ちませんが、都市を完成させるとき重宝する建物です。


大きな市場
大きな市場
『大きな市場』は木4つで建てられる建物です。
都市に立っている建物なので、ゲーム終了時にこの都市が完成していれば右上の勝利点(3VP)を得ることが出来ます。
『大きな市場』は特殊効果として、『この都市で消費時、獲得VPを2倍にする』という効果があります。
『大きな市場』は3面が開いている都市であるため、完成させるのは困難ですが、完成させ、生産・消費サイクルを回すことができれば、非常に大きな勝利点を生み出してくれます。


お城
お城
『お城』は石6つで建てられる建物です。
都市に立っている建物なので、ゲーム終了時にこの都市が完成していれば右上の勝利点を得ることが出来ます。ただし、『お城』の右上の勝利点は『?』となっています。これは下の特殊効果の欄に示されているのが、ゲーム終了時に得られる勝利点であるということを表しています。『総タイル数×1VP』なので、15~20VPぐらい得ることが出来るため非常に強力です。
ただし、石6つを生産することは困難であり、さらに4面が開いた都市タイルであるため、都市を完成させるのも困難です。都市を完成させることが出来なければ0VPとなってしまいますので、非常にリスキーな建物です。




今回は『開拓王 The King of Frontier』で使用するタイルについて説明させていただきました。

『開拓王 The King of Frontier』は11月4日に開催されるゲームマーケット2013秋にて頒布予定です。

卓番号は235です。
当日はイベントスペースにて試遊卓を設けるつもりですので、お気軽にお越しください。

マップ


これまで、3回に分けて『開拓王 The King of Frontier』の紹介を行ってきましたが、次回が最後となります。

次回は『開拓王 The King of Frontier』に含まれる他のコンポーネントの紹介および、ルールブック等の公開を予定しております。

それではまた次の機会に!

by Shun

このページのトップヘ